埼玉高速鉄道の値下げ

埼玉高速鉄道(SR)の運賃の値下げを実現しよう!

PRICE DOWN

 川口市には日中都内に出勤されている方が非常に多い状況です。通勤者の多くがJR京浜東北線に集中しラッシュ時にはとても混雑しています。一方で、市内の中心を南北に走る埼玉高速鉄道(SR)は運賃が高く利用抑制が働いています。都心に通勤するのに自宅から埼玉高速鉄道が最寄り駅にあるにも関わらずバスを長時間乗って京浜東北線を利用している人が多いのです。
 平成22年3月に卒業した大学院で優秀論文として表彰された修士論文「川口市・鳩ヶ谷市の最適交通政策~JRから埼玉高速鉄道(SR)への乗客シフト~」を公表させていただきます。
 論文の要旨は、SRの運賃を安くして、JRを利用している通勤・通学客をSRに誘導することで、JR京浜東北線の混雑緩和を実現する方法論を提案しています。
 JRとSRの通勤定期代は、少なくとも2~4.33倍もの運賃の差があります。これを改善しなければ、利用客の誘導は図れません。また、高い運賃を背景にした利用抑制を取り除けば交通不便地を解消する効果も期待できます。
 市内の交通不便地に対して何の対処も出来ていないことを考えれば、SRを使いやすくすることが均衡な発展には必要不可欠の選択肢と考えます。

すがかつみレポート 埼玉高速鉄道の値下げについてPDFダウンロードはこちら

川口市・鳩ヶ谷市の最適交通政策について ―JRから埼玉高速鉄道(SR)への集客シフト―

明治大学公共政策大学院 修士論文
2009年度 3月修了 優秀論文

  • 『論文の要旨』PDFダウンロードはこちら
  • 『論文の本文』PDFダウンロードはこちら